安全に暮らすために必ず必要な地質調査を忘れずに

作業者

建物を建てる前に

平板載荷試験は、建物を建てる前に利用する地盤に問題がないかを調査します。この試験をすることで、建設予定の建物を安全に建てることができるかをチェックすることができ、事前に地盤の強度を知っておくこともできます。信用度が高い調査方法と1日で終えることができる試験なので利用する人が増えています。

地盤を確認しておく必要性

工事現場

建てる前に調べておこう

家を建てる時、多くの人は欠陥住宅にならないように気をつけるものです。しかし、それ以前に、地面の状態を確認しておくことが大切です。もし、地盤が悪かったり、地質に異常があったりしたら、そこに家を建てるのは危険だからです。そこで、最近は地質調査を行う人が増えてきています。家を建てる前にしっかりと確認しておきましょう。もちろん、素人ではできません。専門業者に依頼することになります。丁寧なところでは、施工業者が地質調査をしてから建ててくれることもあります。このような業者を見つければ、とても安心です。また、自身で調べるのなら役所や図書館などを活用しましょう。昔の文献などを参考にして、地質の状態を知ることができるからです。

改善策を考える

もし、専門業者による地質調査で異常があった場合には、その地に家を建てることはあきらめましょう。施工業者や地質調査の専門家に相談した上で改善策があれば、問題ありません。例えば、他の土を混ぜてみるなど、工夫をすることはできます。水はけが悪い地質の場合、これは土や砂をどんどん取り混ぜていくことで解決できることもあります。改善策があるのなら、やってみるべきです。それでも良い方向に行かない場合には、別の土地に家を建てましょう。最近はどんな地でも家を建てられるように、施工業者では工夫をしてくれるようになってきています。また、不動産会社の方でも、地質調査をクリアした土地を売りに出すようにしているところがあるので、安心です。

ヘルメット

建物の消防設備の保守管理

建物の消防設備は、万一火災が発生した際に有効に機能しなければ、大惨事に至る危険性があります。防火対象物点検が適正になされることで、より安全な建物として保守管理されることとなります。また、点検を代行してくれる専門業者の存在にも注目です。

工事

地震に備えるために

家を建てる前には地盤調査を行う必要があります。地盤調査にはボーリング菅入調査と表面波調査があります。もし軟弱地盤だった場合は地盤改良する必要があります。工事によっては土地の資産価値が下がり、杭などの撤去が必要な場合もあります。